• ozekiw1113

この1月は長く感じました。緊急事態が発令されお屠蘇気分を十分感じることもありませんでした。仕事の先行きも、益々見えなくなってきました。コロナ禍の情報は日々変化しています。床の間に飾ってある牛の香合を見て、うし年を確認しました。結局はお客さんが少なく仕事が暇であると時間はゆっくり流れるようです。